株式会社算法
トップ > 製品・サービス > 接点力
接点力(CRM)とは
「価格競争から脱皮し、付加価値競争で勝ち残りたい。」そのために“お客様と接した時の情報や日々の業務の情報”を一元化し、組織的な営業やサービスを展開していきたい。このような当たり前のことを実現しようとした時、お客様の定性情報と業務情報を一元管理できるソフトウェアが無いことに気がつきました。世の中には、販売実績を集計し、お客様の売上履歴を管理するためのソフトウェアは数多くあります。しかし肝心の「売上を創り出すまでのお客様の声やお客様が離れていくリスク情報、接触したプロセスを記録し仕事に活かしていくためのソフトウェア」はありません。無いものは我々で創ろう。こうして生まれたソフトウェアが『接点力』です。また、業種業態を問いません。従来のCRMシステムとは一味違います。

接点力

お客様との接点情報を一元管理
業務情報だけでなく、お客様との様々な接点情報を記録・可視化し、お客様との関係を強化する環境をつくります。これまで組織知とすることが難しかった定性情報を企業の資産にして、お客様一人ひとりへの“One To One(ワン・トゥ・ワン)の対応”をサポートします。
お客様の特性ごとの台帳を作成
一言にお客様と言っても、定期取引のお客様やスポット取引のお客様、特定商材・サービスのお客様など様々です。 『接点力』は、様々なお客様の特性に合わせた台帳とそれらの項目を自由に設定でき、お客様のタイプにマッチした“One To One(ワン・トゥ・ワン)”の顧客台帳を実現します。
業務情報を可視化
パソコン上で業務日報を作ることは簡単なことです。しかし、業務日報と顧客台帳がリンクしていることが重要です。業務情報を顧客台帳とリンクさせて一元管理することで、様々なお客様のニーズが把握できるようになります。
情報の仕訳機能
『接点力』では、定性情報を登録する際に、「販売チャンス」「リスク回避」「コミュニケーション」の3つのメタタグを自動的に振分して登録します。この3つのメタタグは、見込顧客の抽出や離反予備顧客の抽出など、情報活用の基盤となります。
※メタタグ・・・情報につける「販売チャンス」「リスク回避」「コミュニケーション」の3つの付加情報をメタタグと呼んでいます。
ファイル管理
契約書や各種図面、提案書など、お客様との間には様々な書類のやり取りが発生します。 WordやExcel形式のファイル、スキャナーなどで取り込んだデジタルファイルなどを顧客台帳にリンクして保存・管理することができます。